アップルは東京都・神奈川県・静岡県・愛知県のカーライフをサポートいたします。

アップルに車を売ると、ディーラーの下取りよりもいい値段がつくのかもしれないけれど、2カ所で手続きするのは何だか面倒くさそう・・・・。というお客様の声を聞きます。
確かに新車ディーラーなら「これ下取りしておいて」と伝えるだけで、手続きが済みそうですね。 それがアップルにも行くとなると、交渉も手間もかなり増えるように感じるのは仕方のないことかもしれません。
でも実際にどの位手間が増えるのか、具体的に説明できる人はほとんどいません。実は多くの方が頭の中のイメージだけで、簡単そうとか、面倒くさそうと思っているだけなのです。
新車ディーラーからアップルの店舗までの距離が車で10分だったとします。
すると、わずか30分の時間とちょっとの手間をかけるだけで予想外の買取金額を手にすることになるかもしれないのです。
「もう終わり?」とびっくりする程のスピード手続き


まず最初に、あなたの車を売却する場合、新車ディーラーとアップルで手間がどれほど違うのかを比較してみましょう。
それほど大きな違いはないことにお気づきでしょうか。決定的な違いは新車ディーラー以外にもう1カ所車を見せに行く場所が増えることです。(出張査定の場合は、車を見せに行く手間はありません)
最短で済ませるなら、実印と印鑑証明を持ってアップルの店舗に行き、10分程度待って値段が出るので、金額に納得すれば契約する。これだけでちょっとしたボーナス位の差額を手にすることができるかもしれないのです。
アップルのお客様の多くがリピーターなのは、売ってみたらカンタンで、金額も満足、しっかりした説明で不安もなく、すぐにお金も振り込まれたという経験があるからです。
アップルご利用のこんな事例もあります。


Aさんは日曜日に新車が来ることになっていました。
いままで乗っていた愛車は下取りの予定。 お友達の情報でアップルに来られたのは納車日より4日前の水曜日。
査定をした所、下取りを大きく上回る結果に。 Aさんはすぐに下取りをキャンセルし、その日のうちにアップルと契約し、車と書類の引き渡しを完了。 金曜日には買取り金が振り込まれていることを通帳で確認することができました。



Bさんは海外に単身赴任中。奥様が家にいるので、自宅に査定に来て欲しいとの依頼をいただきました。 早速スタッフが査定にお伺いし、金額をBさんにメール送信。契約書の記入は奥様が代行され、 車と書類を預かった後、買取り金はBさんの指定口座に速やかに振込まれました。

アップルはお客様の手間が少なくなるように、最大限できるサービスをご提供したいと考えています。 ちょっとした手間で少なくないお金を得られる可能性があるのですから、ぜひ査定をして、プロの中古車ディーラーの目で判断したお車の価格を、一度確かめてみてください。