アップルは東京都・神奈川県・静岡県・愛知県のカーライフをサポートいたします。

みなさんは新車を購入する時に、古い愛車を当たり前のように下取りに出していませんか。実はこの下取りによって、ちょっとしたボーナスに匹敵するお金を失っていることになっているかもしれないことをご存知でしょうか。
多くの方が新車ディーラーに愛車の下取りを出す代表的に理由は、大きく分けて2つ考えられます。
reason1

新車購入にあたって下取り車は交渉の切り札。下取りを条件に新車の値引き交渉をする、あるいは新車購入を条件に下取り車を高く買い取ってもらうなど、下取りに出した方が得だと思う。


reason2

これまでのおつきあいがあるので、下取りの車を他に売ったら営業マンの心証が悪くなることが心配。

実はこの2つ理由、多くの人が陥りがちな勘違いなのです!!
新車ディーラーが「下取り価格」を抑えたい理由

それでは何故下取りの車を他に売っても、交渉が有利にならず、営業マンの心証が悪くなることがないのかをご説明しましょう。
まず最初に、下取り車が交渉の切り札にならない理由についてですが、新車ディーラーが下取り車を売却できるのは、手続き上、2~3ヶ月も後のことになります。 中古車相場は日々変動しているので、2~3ヶ月先には当然価格が下落するリスクがあります。そのため、相場が下がった場合でも利益が出るような慎重な値付けをします。 つまり現在の最高値で買い取る車買取店とは最初から勝負にならないのです。したがって新車ディーラーに下取りをしても、ディーラーの営業マンの交渉の材料として使われる(後述)だけで、 売り手にとって「得」になることは滅多にありません。
さらに、異なる系列のメーカーや外車や古い車の下取りとなると、自社の系列店で売れないため、価格はかなり厳しいものになるでしょう。
次に営業マンの心証が悪くなるかどうかですが、ディーラーのセールスマンは新車を売ることが最大の関心事です。 評価(=給与)も新車の販売台数で決定します。もちろんノルマもあります。常日頃のサービスは全てそのための努力です。 実は下取り車は、経営側にとっては重要な利益源なので、会社としては下取りを奨励しているのですが、 メインはあくまでも新車販売であり、下取りはあくまでも新車販売に付随するものとして営業マンの熱意もありません。 苦戦が続く新車販売の状況で、新車を購入してくれたお客様が下取りをしないことで態度を変えるような営業マンはまずいないでしょう。
アップルではなぜ高く買い取れるのか?

アップルでは、買い取った車を週15万台が取引される中古車オークションで、現在の最高値がつくようすぐに売却します。 常に最新情報をつかんでいる買取のプロだから、お客様にいまのベストプライスを提示することが可能です。更にアップルでは基本的にお店で中古車の販売をしません。 だから車を保管するスペースの費用、車を管理する費用、販売のための広告宣伝費や人件費などがかからず、経費をぎりぎりまでカットできます。 また、アップルでは海外にも販売ネットワークがあり、日本では不人気でも、海外で人気がある車は、高く買い取ることができます。 以上の理由から、ディーラの下取りでは考えられない高値を提示することが可能なのです。

しかし、ここでひとつ注意しなければならないことが・・・

実は新車ディーラーが下取りする場合、値引き額を抑えて、下取り価格に上乗せするケースがあります。新車ディーラーのセールスマンとしては、中古車といっても自社が販売した車であり、 お客様が大切にしてきた愛車です。それを安く評価することは心証が悪く、それで新車が売れなくなることは避けたい。できれば高値をつけたいところ。 でも前述のような理由から車買取店ほどの高値はつけることができません。そこで、お客様から下取り価格を高くして欲しいという要望があれば、新車の値引き枠を使って、下取り価格に上乗せするのです。 車買取店で値がつかない車が、新車ディーラで5万円などの下取り価格がつくのはそのためです。これは新車ディーラーだからこそできる「裏技」です。 でもお客様にとっては代わりに新車の値引きが少なくなっただけなので、何も良いことはありません。
また、もうひとつ良くあるケースとして、新車はこれ以上値引くことはできない。でも下取り車にあと○万円プラスするから!という提案。 プラスしてくれるなら・・・とついそれで手を打ちたくなるのですが、そこで一旦断って、中古車ディーラーで査定したら倍以上の価格がつくことも珍しくありません。
まずは下取りなしの値引き交渉から

ですから愛車は友人に売ると伝えておいて、まずは新車の値引き交渉をしっかり済ませましょう。そのあとで下取り交渉を行えば本当の下取り額がでます。
具体的な交渉方法を知りたい方はこちら>>
その下取り額と、車買取店の買取り額を比較して、高い方に決めれば良いのです。新車ディーラーの営業マンの中には、少しでもお金を節約したいというお客様の要望を聞いて、最初から下取りではなく 中古車ディーラーに売ったほうが良いですよ、とこっそり紹介してくれるケースもあります。
しかし、ここでひとつ注意しなければならないことが・・・

中古車の相場は刻々と変動するので、ケースバイケースとなりますが、ディーラーの下取り価格より大幅アップというケースもあるので、ちょっとした交渉と車買取店に電話一本かける価値は大いにあります。 車買取店を上手に利用して、ワンランクアップの車や装備を手に入れてください。